-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベッケンバウアー氏がロッベンに苦言

ベッケンバウアー氏がロッベンに苦言

オランダ代表でもロッベンが入ると彼中心のチームにかなり傾いてしまいますね。
それほど彼の個人技がとくにドリブルによる突破の力がつよいということでしょう。
この頃はオランダ代表にも召集されていません。

おそらく、ファン・マルヴァイクの戦略とはあっていないからでしょう。
フンテラールのトップはウィンがー押しに傾いていたオランダサッカーを
引き戻した印象をうけます。

ベルカンプなどの居た頃のサッカーはウィンガーによる攻撃もすごかったですが、
何より全員サッカー、合理的なパスの展開がとても美しかった。
フンテラールがトップ下にはいり、万能型のカイトやスナイデル、テクニシャンなファン・デル・ファールトにより面白いサッカーをするようになりました。

ワールドカップのときとは大違いです。
私はロッベンが好きですが、といいますか、ドリブラーが好きですが、
今のオランダにはロッベンは戻ってほしくない、戻ってきてもスーパーサブとして
ベンチにいてほしいと思います。

それはエリアにもいえるのですが・・・
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。