-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタンハイドレート、渥美沖で採掘へ

メタンハイドレート、渥美沖で採掘へ

愛知県沖約70キロ・メートルの地点で準備作業に入り、夕方以降、本格的な採掘試験に着手する予定だ。
静岡県から和歌山県にかけての海域には、メタンハイドレートを含む地層が広がり、日本で消費される天然ガス13年分の量が埋蔵されているという。

のメタンハイドレート分布図0009

全ての海域を調査しているわけではないので2009年の時点での分布図になります。
確定されている分布図ですが、日本海側にはさらに多くのメタンハイドレートが眠っているとの報告もあります。

メタンハイドレートの探索には、地震探査というものが有効だと考えれれています。
地震探査での調査は、石油・天然ガス探鉱でも使われているものであります。

地震探査といっても、人工地震のように爆発をおこすもんでなく、
高圧力に圧縮された空気を一気に海中に発生させて音波を発生させるもので、
水面中にはりめぐらした受信機により音波の跳ね返りを分析して、
どこに資源が埋まっているかを計算による出すというものです。

圧縮空気をしようしているため、爆発物により発生する音波よりも小さいものです。

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。