-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにゃく「レバ刺し」 

こんにゃく「レバ刺し」が人気=味もそっくり

販売したのは、ハイスキー食品工業(香川県三木町)。こんにゃく独特の臭みがない素材「マンナンミール」を使い、トマトやイカスミを加えて色を似せ、しょうゆや調味料で本物に近い味を作ることに成功した。半年間保存が可能で、カロリーも100グラム当たり63キロカロリーと本物の半分程度。

別の食材で再現するというのは、今は放送が終了してしまいましたが伊藤家の食卓などがありましたね。
○○風と言う料理は探せば数多くあって、マーボナスやピーマンの肉詰めそしてシュウマイなどは
食べたことがありますね。

食べて思ってのは、まったくわからないというものです。
テレビではエビチリもあったな・・・そういえば。

さて、今回のレバ刺しですが、昨年のユッケ騒動により生肉にたいしては、「生の牛肉は食中毒の危険性が高い」として表面加熱を義務付け、罰則を新設する従来より厳しい内容となりましたね。
罰則も厳しくなりました。

肉を扱ったお店では逆風ですが、レバ刺し風などのコンセプトのお店などは、
リーズナブルでヘルシーなおかつ肉を使わないので食料自給率やエネルギー問題にも
大きく貢献するのではないでしょうか?

と話が大きくなってしまいましたが、
一般家庭からの問い合わせも多く、店頭に並ぶ日も近そうですね
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。