-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デ杯ワールドグループ1回戦

錦織圭が勝利、夢の8強入りまであと1勝

デ杯ワールドグループ1回戦(対クロアチア)の最終日、日本の1勝2敗で迎えた第4試合のシングルスに錦織圭が登場。シングルスランキング55位のイワン・ドディグに、7-5、7-6(4)、6-3で勝利して2勝2敗のイーブンに戻した。

 錦織敗れ初日1勝1敗 添田は大逆転 テニス・デビス杯

団体戦で競うデビス杯ですが、一回目はイワン・ドディグにストレート負けを喫しましたが、
団体戦四回戦目シングルスランキング55位のイワン・ドディグをストレートでやぶりました。
日本はクロアチアとイーブンにもってきました。

監督はダブルスにもエース錦織君を起用しようとしていましたが、
さすがにエースが三戦もでるのは負担が大きいと思いますが、
クロアアチアはダブルスにもエースをもってきましたね。


その後の結果ですが、五戦目に一戦目で勝利した添田選手が出場しましたが、
6-71-6、4-6でストレート負けを喫しました。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。