-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイス2社合併で「資源スーパーメジャー」誕生か

http://www.nikkei.com/biz/world/article/g=96958A9C93819584E2E1E2E2E18DE2E1E2E0E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;p=9694E3E7E2E0E0E2E3E2E6E1E0E2

新顔だ、気をつけろ。資源大手豪BHPと英ビリトンの画期的な合併により、世界最大の資源会社が誕生してから10年。資源商社グレンコア(スイス)と資源大手エクストラータ(同)の合併が実現すれば、バリューチェーン(価値連鎖)が鉱山から市場にまで及ぶ新たなタイプの「資源スーパーメジャー」が生まれることになる。

■新たな業界再編の引き金にも

http://www.jipangu.co.jp/wp-content/uploads/post/VO111ffftt.pdf
より

資源商社グレンコア(スイス)と資源大手エクストラータ(スイス)は合併を交渉している(チューリヒ近郊にあるグレンコア本社)=AP
 2日の両社の合併交渉発表を受け、多くはこれを長い間誰もが一緒になると予測していた両社の「再会」と称した。両社の合併を機に、英アングロ・アメリカンや豪リオ・ティントなどライバル企業は自社戦略の見直しを迫られ、新たな業界再編が起こる可能性もある。

 業界のベテラン観測筋は「合併会社のビジネスモデルはこれまでにないものとなるだろう。グレンコアはマーケティング、エクストラータは事業基盤を提供する。他社にはまねできないだろうが、資源業界の新たなモデルとなるかもしれない。かなり面白い環境だ」と述べた。


・資源商社グレンコア
1974年に設立。
1980年代後半より米国やペルー企業にM&Aを積極的におこない発展
現在でも世界各国でM&Aを繰り返し、今日では世界40か国に50か所以上の事務所を有し、従業員約2,800名。

事業

「金属・鉱物資源:亜鉛、銅、鉛、アルミニウム、合金鉄、ニッケル 鉱物資源・金、銀」
「エネルギー関連:石油、石炭」
「農業関連:穀物、綿、砂糖」
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。