-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル情報機関長官が訪米、イラン攻撃時の対応見極めで

http://www.cnn.co.jp/world/30005506.html

イスラエル情報機関長官が訪米、イラン攻撃時の対応見極めで


イランの核開発計画阻止のためイスラエルが先制攻撃を仕掛けるとの憶測が強まっているなか、米連邦議会筋は5日までに、イスラエルの対外情報機関モサドの長官が訪米して情報機関当局者や一部議員と会談、攻撃に踏み切った場合の米側の対応の分析に努めたことを明らかにした。


昨年は、チュニジアにはじまり、エジプト、そしてリビア、バーレーンで革命、暴動がおこりました。
そして今年はシリアで暴動が起こっている最中のなか、昨年の情報では、4月もしくは6月にイランをイスラエルが
攻撃するなどの情報がありましたが、どうもその情報が嘘でなく現実に中東で戦争がおこるかもしれません。

この世界不況のなか、また景気後退の原因になるのは間違いないですし、中国、ロシアの動きも気になります。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。