-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロングイヤービエン。北欧のオアシス

http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/dogatch/2012/02/post_997.html
地球でイチバン北の町ノルウェー・ロングイヤービエンを俳優大高洋夫が訪ねる!


http://sankei.jp.msn.com/world/news/120126/erp12012617530006-n1.htm
77人の死者を出した昨年7月のノルウェー連続テロ


2012年2月2日、多国籍の人々があつまってくる北欧のオアシスとよばれている町の特集が
放送されていた。町の名前はロングイヤービエン。

44カ国ほどの国から多くの移民が住み着いている町であるという。

放送をみているとむしろノルウェー人のほうが少ない印象をうける。

放送では旧ユーゴスラビアの内戦により国をおわれたある家族に焦点を絞って
放送されていた。「本国とは違いここでは差別されず受け入れてくれる」
その発言が印象的だった。

ただ、気になるのは、昨年の連続テロもノルウェーであったこと、
テロが起こった動機が移民が理由であったと思う。

ノルウェーでも場所により違うのだろうか?
むしろ、テロをした容疑者はイスラム系移民に対するものだったと記憶している。
放送される家族のストーリーに感動しつつも疑問がうかび気になったことである。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。