-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月の日本銀行政策決定会合を終えて

日銀、金融政策を据え置き 成長支援の米ドル貸付の詳細を決定

以下抜粋
政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標を0─0.1%程度に据え置き。
金融資産買入基金による緩和策についても現行計画に変更はなし。

成長基盤強化を支援する資金供給制度の中身の公表。
当面の金融政策運営について(成長基盤強化を支援するための米ドル資金供給の実施、12時09分公表) [PDF 135KB]
「成長基盤強化を支援するための資金供給における米ドル資金供給に関する特則」の制定等について [PDF 181KB]

今回の政策決定会合は市場予想に反すことになり、次回に金融緩和期待が高まるとの
話題もでていますが、日本銀行・白川総裁は、
「次回会合での決定内容に予断を持つことは慎まなければならない」
と発言しております。政策決定会合は月二回おこなえますが、
四月はこれで終わりでしょう。

五月も白川総裁の発言を読むと現状維持になるのかな?と考えています。


2012年4月の日本銀行政策委員会の内容は月末に更新されますので、チェックですね。
政策委員会月報
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。