-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日銀審議員候補の河野竜太郎とは?

日本銀行政策委員会の審議委員日本銀行の政策方針を決める重要な会議であると、
日記で記しましたが、後任の人事でBNPパリバ証券の河野龍太郎氏の名前が
あがっている。

この選任人事をしたのは与党である民主党であります。
岡田副総理、前原政調会長の消費税増税発言どおり財政再建派路線の人事ではないでしょうか?
金融政策のなかで日本銀行は重要な機関でありますが、そのなかでも日銀審議員の
方向性を統一する意図だとは考えられます。

さてこの河野竜太郎氏はどのような考え方なのか?
「ゼロ金利政策や国債購入政策の長期化・固定化が、銀行行動を
通じ、財政赤字のスムーズなファイナンスを可能にすることで、間接的だが、
金融政策もトレンド成長率の回復を阻害している可能性がある」


金融緩和政策には否定的な考え方のようです。
日本銀行の今の方針としても似ているところがあります。
もし、人事案が衆議院、参議院で可決された場合、
日本のマネーサプライが増えることはなく、金利もこのまま低い数値維持が
考えられます。

為替動向を予想するには、欧州、米国の量的緩和政策の量で計るのが、
重要となってきそうですね。まだ人事は決定されていませんので、
確定ではありません。

政府、日銀審議委員にBNPパリバ証券の河野氏を提示
http://jp.reuters.com/article/JPpolitics/idJPTYE82M01420120323
政府は23日、議院運営委員会の両院合
同代表者会議に、4月4日で任期を迎える日銀 の中村清次審議委員
の後任として、BNPパリバ証券経済調査本部長・チーフエコノミストの
河野龍太郎氏を充てる人事案を提示した。

各党は同人事案を持ち帰って対応を協議し、今後10日間をメドに賛否を
決める。国会同意人事は衆参両院それぞれ本会議で同意を得られなけ
れば白紙となる。仮に野党が多数を占める参院で不同意となった場合、
政府はあらためて別の人事案を提示する必要がある。

※日本銀行政策委員会の審議委員についての概要はこちらの記事をお読みください。
日本銀行政策委員会の審議委員とは
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。