-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャのCDSイベントを終えて・「日本企業のCDS参考値は?」

CDS.jpg
一番左側の日本は、破産直前の武富士・日本航空のCDS参考値です。

CDS値は倒産リスクが高いとみなされる企業ほど大きくなり、CDS参考値のみかたとしては、
200(bp)を超える値、要注意
400bpを超えると強い警戒
700bpを超えると危険水域
1000bpを超えると破綻の可能性が50%以上
1500bpでおよそ破綻の可能性が75%以上
となってきます。

東京電力をみるように政府支援や電気料金の値上げによる処置により破産とみなされていないことが
ありますので、数値だけの破綻を予測するのは難しいと個人的に思えます。

東京電力
560
川崎汽船
500
野村ホールディングス
289
近畿日本鉄道
280
全日本空輸
273
荏原製作所
252
オリックス
216
NEC
216
丸紅
201
日本汽船
195
鹿島建設
187
シャープ
185
IHI
181
住友不動産
174
大成建設
169
ソニー
160
神戸製鋼所
150
伊藤忠商事
140
新日本製鉄
137
川崎重工業
125
丸井
121
富士重工業
120
大林組
120
東芝
117
三洋電機
101
企業名CDS参考値


※2012年3月7日時点

ちなみにこちらがギリシャ破綻までのCDS参考値の推移
img7cc552bazik8zj.jpeg
一時期下降した流れがありますが、この理由は私にはわかりません。
気になるところなので、調べたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。