-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通預金とは

passbook_maxsaver.jpg

●普通預金とは

・個人で開設できる

・お金の流動性が大きい口座である
・国民年金の自動引き落とし。
・ETC,高速道路利用による支払い。
・ネットやスーパーでの買い物においてクレジットカード支払い。
・緊急でお金が必要な時、ATMから引き出す。
・給与の振込み  ・・・ETC


・銀行により利息があるもの、利息がないもの=無利息型普通預金がある
また利息がある普通預金と無利息型普通預金に適用されるペイオフ(預金保障)は異なるので注意したい。
利息がある普通預金1000万円までの元本とその利息まで保障
利息がない普通預金(無利息型普通預金)預入金額(預けている金額)に関わらず全額保障

無利息型は全額保障されるかわりに利息はつきません。
ただ各銀行をみると預入金額の上限はありません。
決済用だけにつかうもしくは、タンス預金をするぐらいなら無利息型普通預金に
預けるもの良いかもしれません。

●疑問・各銀行での普通預金につく利息の違いはどう決定されるのか?
   各銀行でなんで利息にひらきがあるの?


大体の都市銀行HPをみていると金利は同じ値に推移していますが、
金利比較サイトにものっている一部の銀行ではかなり高い値をつけているところもあります。

一般的に銀行間における金利の違いは各々の銀行がおっているリスクの違いによるところが大きいと言われています。金利を比較するサイトを訪問された方や知恵袋での質問をみていると金利が高いところに預けたいと思う人が多いです。確かに運用と言う面では誰でも思います。

ただ、金利が大きいということに注目するとともにその銀行がおっているリスクにも注目です。
銀行が金利をあげるということは預金を確保するためと考えられるからです。

チェックすべき項目は色々ありますが、重要な項目は、不良債権比率、自己資本比率、格付けに注目してみてください。


スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。