-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の日本銀行金融政策決定会合の内容に注目

boj.jpg

ドル/円は堅調に推移
http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPTK0FOREXA20120311

今週の外国為替市場で、ドル/円は堅調に推移しそうだ。世界的に株がしっかりするなどリスクオンムードが広がる中で、円は主要通貨に対して売られやすい状況にある。
3月9日の二月の米・雇用統計が予想よりも上昇したことにより好調に米株が上昇、資金が移動していることがわかります。ドルも同じく上昇。円は現在82円代を推移しています。

一旦の反応は収まったと見えます。
ギリシャの債務交換も決まりましたが、傷口を広げないための処置であり、ギリシャ危機前の
欧州に戻るには大分時間がかかかります。日本も燃料調達費も大きな打撃となり、そして経常収支は
赤字のニュースが発表。

リーマンショック前の状態とはまだまだ程遠いですが、アメリカの雇用統計の上昇は欧州、日本がこの状況では
より良い評価とみえたのでしょう。さて今日開催された日本銀行の金融政策決定会合の内容にも注目です。
ここでさらに追加金融緩和をおこなえば、82円代推移中の円がさらに円安に傾きます。

アジア各国の大きなイベントも無し。
海外市場では主要経済指標の発表予定は無し。
大きな反応があるのではないでしょうか?
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。