-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペイオフ(預金保険制度) とは

17.jpg


●ペイオフ(預金保険制度)とは
ペイオフ(預金保険制度)とは、お金を預けていた金融機関の破綻時に預金者を保護するため、預金保険機構より預金者に一定額の保険金を支払う仕組みのことです。

●現在の預金種類別のペイオフ(預金保険制度)適用範囲

残高に関わらず全額保障・当座預金
・利息のつかない普通預金
(1・引き落としができる口座 )  
(2・預金者がいつでも払い戻しができる口座 )  
(3・利息がつかない)
元本1000万円まで+その利息分
(一金融機関ごとに一預金者に適用)
・利息のつく普通預金
・定期預金
・通知預金
・納税準備預金
・貯蓄預金
・定期積立預金
全額保護しない・譲渡性預金
・外資預金


●みなさんが気になっている疑問点

利息のつかない普通預金は決済用普通預金を書かれていることもあります。
銀行のホームページをみればその銀行で無利息でつくれる普通預金についての解説があります。
みずほ普通預金(無利息型)
このページで紹介されているのが全額保障対象の利息がつかない普通預金です。
みずほ銀行の例をあげてみました。


1・預金保険制度に加入している金融機関は?

 ・銀行(日本国内に本店のあるもの)
 ・信用金庫
 ・信金中央金庫
 ・信用組合
 ・全国信用協同組合連合会
 ・労働金庫
 ・労働金庫連合会
 ・日本郵政公社

2・金融機関破綻後に預金保護制度で保護される預金はいつまでに払い戻しができる?

破綻した金融機関の預金者のデータの把握状況・整理できたかどうか。
金融機関によって顧客の情報をまとめるのは時間が違いますね。
預金保険により預金者に払い戻しをおこなうのは、破綻した銀行より顧客情報をうけとった
預金保険機構になります。

3・ペイオフ(預金保険制度)で保護されない預金をもっているけどどうするの?

破産した金融機関の財産状況により支払われます。
ほどんどの場合、カットされます。
どの程度カットされるかは破綻した金融機関の財産状況と資産回収状況によります。

参考・ホームページ
預金保険制度金融庁のホームページは詳しく書かれていますのでわかりやすいかと思います。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。