-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

童謡「ふるさと」をノムリッシュ翻訳してみると



原曲の歌詞

兎(うさぎ)追いし かの山
小鮒(こぶな)釣りし かの川
夢は今も めぐりて
忘れがたき 故郷(ふるさと)
如何(いか)に在(い)ます 父母(ちちはは)
恙(つつが)なしや 友がき
雨に風に つけても
思い出(い)ずる 故郷
志(こころざし)を はたして
いつの日にか 帰らん
山は青き 故郷
水は清き 故郷

ノムリッシュ翻訳


覇王の血を引くうさぎ追いし かのむかしワシが登ろうとして足を滑らしたあの忌々しい地
こぶな釣りし かの川
『第二世界』はこの瞬間も メグ=リスて
忘れがたき 始まりの地
いかに在(い)ます 父母(ちち精霊王はは=ファルシオン)
つつがなしや 友トロールがき
レイニーブルーに世界を渡るものに つけても
思い出(い)ずる 始まりの地
こころざしを はたして
未明時間の日の右腕と呼ばれた男にか 帰らん
銀の瞳を持つ山は青き 忌まわしき過去
水は清き 故郷

やっぱり、ドラえもんの歌が一番おもしろいですね。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。