-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーンヘンジは宇宙との交信のため?

・記事中にあるストーンヘンジと夏至の太陽とは?

ストーンヘンジは円形に巨石が配置されています。
今は風化しており下の完全体とは違います

1

さらに後ろに下がってみると
1.jpg

円形のストーンヘンジから東から約42度の北東方向にヒールストーンは位置しています。
夏至の日の出時このヒールストーンと太陽がかさなり、ヒールストーンの影が
ストーンヘンジの中心に届きます。

何のために影が届くように計算されてつくられているかは、不明ですが、
科学者の間では宇宙人の目印という説やいや宇宙の観測と言う説、
自然のパワーがということもあります。

今回の記事と総じていえるのは、宇宙に関連して建造されたと考えられるのは有力だとかかれています。

また、今回ストーンヘンジの中心で音を鳴らした場合、その周囲をあるいていると
音が強くなったり弱くなったりする場所がある、また驚くべきことはまったく聴こえない場所まで
存在したと言うことです。

完全体のストーヘンジでないことがくやまれます。

・ストーンヘンジの石とは?
ストーンヘンジに使われたこともあり、パワーストーンとして定着しているみたいです。
名前はプレセリブルーストーンです。
ドレライトの一種で、英国ペンブロークシャーのプレセリ丘陵のある場所で採掘されます。

ドレライト・・・日本では粗粒玄武岩と呼ばれています。
玄武岩の石基部分の結晶が大きくなった火成岩であり、とても硬い石です。

玄武岩は地球上どこにでもある石でプレートのさかいなどでつくられます
火山などの活動で地表にばらまかれます。

ドレライトは玄武岩内のガラス質の鉱物が多く含まれた石です。

ストーンヘンジの謎、音波干渉で説明 米科学者
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。