-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなごの栄養成分が気になる

いきなり本題に入ります。

・一般に出回っているのはマアナゴである。

・ウナギと比べてビタミンAが25%ほどだがカロリーは約60%ほどである。

・一般の食品とくらべて十分にビタミンAが豊富に含まれている

・オレイン酸とEPAが多い・・・血液中のコレステロ-ルを減少、脳梗塞や心筋梗塞の予防に効果

・漢方では肝木に属す。 補気作用(気を補う)がある。 神経痛や虚弱体質の改善効果があり。

大まかにまとめてみました。
いきなりあなごの栄養が気になったのは下の記事を読んだからです。

マアナゴ、産卵場所は沖ノ鳥島の南380キロ 水産総合研究センターが発見

日本最南端の沖ノ鳥島の南約380キロメートルで、ふ化後間もない仔魚(しぎょ)を採取。付近の海底山脈の上が産卵場所と特定した。マアナゴは2008年までの14年間で漁獲量が半減。産卵場所の特定は親魚の保護に役立つ。
うなぎの産卵場所も驚きましたが、あなごも大分日本列島から離れた場所で産卵していることに
驚きました。同じウナギ目として生態行動が同じということでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。