-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3万年前のナデシコが咲く

3万年前の花咲いた! シベリア永久凍土で種発見

シベリアの永久凍土で見つかった約3万年前の植物の実から種を取り出し、花を咲かせることにロシアの研究チームが成功し20日、米科学アカデミー紀要に発表した。絶滅した植物の再生や新たな生物資源としての利用が期待できるという。

・個人的に気になる点、これからどのような利用ができるか?

見つかったのは、
氷河期のリスがエサをためていた巣穴で地下38メートルに埋まっていた。
状態が良くめしべの組織の一部をDNA採取、培養して育てたところ1年後に白い花が咲いた。
種の化石から花を咲かせたのははじめてみたいです。

また見つかった永久凍土はマンモスが生きていた時代のものでもあり、
マンモスの毛も付着していたみてそちらも分析がすすめられているとのこと。
この頃の温暖化で北極部シベリアでの永久凍土の溶解は進んでいまして、
そのためにみつかった可能性も高そうですね。

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。