-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円相場、正午は1ドル79円台後半 ユーロは105円後半へ

円相場、正午は1ドル79円台後半 ユーロは105円後半へ

ユーロ圏の財務相会合で、ギリシャの第2次支援で合意するとの観測からユーロが買われている。円は対ドルでも売りが優勢となった。

ユーロ圏財務相会合、1300億ユーロのギリシャ支援策で合意

民間債権者が債券交換により受け入れる損失は、これまで債券額面の50%だったが、最大53.5%になる見通し。これによりギリシャの債務負担は約1000億ユーロ軽減されることになる。

日経平均、一時9500円台を回復


すべてが連動しているように思いますが、今回はギリシャへの第二次支援の枠組みができたことによるのが
大きいのでしょう。ただ気になるのは支援策がしっかりしたものでもギリシャ国民がどう実際の生活で
感じるかが重要でまだまだたちなおりとまではいえませんね。

ギリシャ国内の動画はYOUTUBEにたくさんUPされていますが、内戦状態と言ってもいいような暴動の動画が
みられます。あの状態では外国からの観光客もはいってこないでしょうし、ギリシャの基幹産業は
観光業ですしね。

白川さんのインフレ目標の発言で少し持ち直しましたが、今回の支援策で円安はさらにすすみそうな
気がします。あと高橋さんのコラム→
インフレ目標”を読んでいたのですが、白川さんは研究員時代の論文で
インフレ目標2%が適当であると書いていたんですね。

今の白川さんはどうしたのか・・
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。