-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂肪コントロールする遺伝子

脂肪コントロールする遺伝子 肥満改善薬の期待

20日の英科学誌ネイチャー電子版に掲載される。
欧州で約2万人の遺伝子解析を実施したところ、GPR120の働きが悪い人は、正常な人の1・6倍も肥満になりやすいことも確かめた。辻本教授は「GPR120は脂肪の消費と蓄積のバランスを保つ司令塔役らしい」と話している。

メタボ改善にトマト!1食2~3個で効果…京大グループ解明
先週でしょうかトマトが中性脂肪を抑制する効果があるとの研究結果あ発表されました、それにともなって
店頭でのトマトの売れ行きがあがりました。みなさんのお近くのスーパーではいかがだったでしょうか?

私が住んでいる周辺のスーパーではほとんどのトマト関連商品が完売している状態でした、
数日たち、店舗の発注者も仕入れる量を増やしたのでこの頃は売れていますが、
なんとかトマトが手に入る状態です。

トマトの論文、人それぞれ効果が違うというのを考える必要があります。
爆笑問題の田中さんは、自他供にみとめるトマト王子ですが、俺はまったく痩せないけどね!
ラジオで発言していました。

さて今回の新聞記事の誤解が生じそうですが、GPR120は脂肪の消費と蓄積のバランスを保つ司令塔役らしいということを発見しただけで特効薬ができるのは何年後の話かっていうことです。
まだまだ、先だろうな~と。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。