-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のペダリング3

久しぶりですが、自転車はしかと乗っております。
ただ、ここ一週間は微熱があったため無理をせずすごしていました。
毎日毎日同じところ走っては思うところがすこしはありますが、
新たな疑問が浮かんでくるきたり、これがいいんじゃないか?というひらめきは、おきません・・・

成長スピードが速い人は、これが多いのではとは思います・・・

さて、今日思ってのは引き脚そして脚をあげる行為のとき
どこに意識をもっていき脚をあげるかです。

脚の土踏まず、つま先、踵
脛、脹脛、
膝、
腿、腿はポイントが四つくらい分けられるでしょうか?
そして股関節。腿の一番付け根とあらわしてもよいかも?

色々と意識をずらして引き上げてきましたが、
ペダルの頂点でつっかえる。
ペダルを回しきってから、踏み込む時ににペダルに体重や力がのってるぞ!
と思えるような感じにならない。

早く回すと踏むという動作の意識が離れていきます。
ケイデンスがあがればトルクがおちるので、しょうがないですが、
私はやっぱり踏むということも大事な気がします。

でも、ぺだりんぐは回すという一連の動作が重要で、
これは相反すことでもあるとは思うのです。
なんていっても、ケイデンスがあがればトルクがおちる
トルクがあがればケイデンスがおちる。
調度良いバランスのケイデンスすればと思いますが・・・

私は高回転が好きです。高回転120rpmでも踏みたいのです。

続く
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。